害獣による被害

「まさか自分の家に野生動物が入ってくるなんて、想像もしなかった…」当社にご依頼されたお客様からよく聞く言葉です。
害虫・害獣が侵入してしまうと、われわれ人間にさまざまな害を与えます。衛生面、経済面、精神面、安全面といった具合に多岐に渡ります。
ここでは建物内に害虫・害獣が住みついた場合の弊害をご紹介します。

家屋破壊

家屋破壊01
家屋破壊02

家屋に侵入する有害鳥獣の中には、手先が器用で力の強い動物がいます。
 彼らは木登りが得意なため、電線を渡ったり雨樋(あまどい)を登ったりすることができます。更にアライグマやハクビシン、イタチなどは手先が器用なので木材を破壊して侵入しますし、ネズミは歯が発達しているため齧って穴を開けて侵入することも少なくありません。

火災の危険性

コードかじる
火災の危険性イラスト

民家に侵入した有害鳥獣は、同じ建物内にはいるものの基本的に我々人間からは見えない天井裏や壁の中、床下などを主な生活エリアとしています。そのため彼らがそこで何をしているかは見ることができません。
特にネズミは鋭い歯を持ち、いろいろな物を齧ります。その中で危険なのが『電気配線』です。
電気配線を齧り、内部の銅線に触れたり配線を噛み切ったその瞬間、齧ったネズミは感電します。その際にネズミ自身が発火することがあり、そのまま火事になるのです。
このような事例は毎年必ず起こっていますから、注意が必要です。

糞尿・悪臭被害

天井のシミ
天井裏糞尿被害

家屋に侵入した害獣は、必ずと言っていいほど家屋内で排泄します。彼らは"溜め糞(フン)"といって決まった場所に何度も排泄することがあります。こうなってしますとその場所をトイレだと決めることになるのですが、残念ながら水洗トイレではありませんので糞尿はどんどん溜まっていきます。
特に天井裏で排泄することが多いので、ひどくなってくると天井に染みができたり、排泄物の臭いが取れない状態が続くことになります。
人間の生活空間の真上に動物の糞尿が常にあるわけですから、不衛生極まりない状態ですし、そこから虫が涌く危険性もあります。そして何より精神的に気持ちの良いものではありませんよね…。
また、コウモリは空から飛んで侵入してきますので、侵入経路の周辺の外壁やベランダに糞を落とす傾向にあります。掃除をしても掃除をしてもまた次の日には糞をされるので、非常に厄介です。

営巣・出産被害

アライグマ出産
ハクビシン営巣

"何のために野生動物は建物に侵入してくるのか?"これがまず疑問として思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
理由としては以下が挙げられます。

野生で生活する彼らにとって、安全な寝床を確保することは非常に重要です。近年、都市部での生息数が増えていますが、都市部での野生動物にとっての"安全な場所"は戸建住宅の天井裏や床下になるのです。基本的に住宅の天井裏や床下には外敵どころか人間も入ってこない場所ですから、アライグマやハクビシン、イタチ、ネズミなどにとっては恰好の住みかということになりますね。

そして野生動物にとって非常に重要な事項となるのが“出産”です。安全な環境で出産し、そして産まれたばかりの弱い幼獣を外敵から守りながら育てるために民家に侵入するケースが多いので、出産シーズンは特に有害鳥獣被害の相談が増えます。

騒音被害・ノイローゼ

騒音被害01
騒音被害02

木造家屋の天井板は非常に薄い構造になっています。
もちろん"誰かが歩く"ことなど想定外ですから、動物が走り回れば非常に響きます。しかも夜行性の動物が多いので、就寝後に寝室のうえでバタバタと走り回られては堪ったものではありません。
当社にも「夜中に天井がうるさくて眠れない」というご相談が多く寄せられます。アライグマやハクビシンなどはネコと同等かそれ以上の大きさですから、そのサイズの動物が天井裏で運動会をされては大変です。ネズミもゴソゴソカサカサ動きますし、なにより"天井裏に何がいるのか分からない"恐怖感がよりストレスを増幅させます。これにより睡眠不足やノイローゼになってしまう人もいるほどです。

吸血による痒み、発疹被害、感染症

吸血による痒み・発疹被害01
吸血による痒み・発疹被害02

有害鳥獣の侵入による二次被害として、ダニやノミの被害が挙げられます。
彼らは常に吸血性のイエダニやネコノミを寄生しているため、住みつかれた家屋の住人がダニやノミに刺されやすいです。かなりの痒みを伴うため皆さん市販の殺虫剤や燻煙剤を使用するようですが、一度薬剤でダニやノミを退治したとしても、また新たに害獣が入ってくれば天井裏からダニやノミが降ってきます。
  この繰り返しですから、根本的な原因である害獣を駆除しない限りは解決できません。また逆を言えば害獣駆除と同時にダニやノミの消毒作業を行なわないと、ダニ・ノミだけが残ることになり、今まで以上に刺される可能性があるのです。

また、近年はトコジラミの駆除依頼が急増しています。別名ナンキンムシとも呼ばれ、日本国内では戦時中に悩まされた吸血虫でした。刺されるとダニやノミ以上に発疹が現れ、非常に強い痒みを伴います。
そのトコジラミが近年、海外からの持ち込みにより再び猛威を振るっています。外国人旅行者は年々増加傾向にあり、2014年は九州・沖縄を訪れた外国人旅行客は232万人にも上ります。このような背景もあり、トコジラミの生息数は間違いなく年々増加するでしょう。

農業被害

果実を食べられる被害
農業被害イラスト

迷惑動物の被害で、屋外での大きな被害は農業被害です。
ハクビシンもアライグマもイタチもネズミも雑食なので、なんでも食べます。その中でもハクビシンやアライグマは果物を好みますので、畑や自宅の庭の家庭菜園を荒らさるというご相談もよく寄せられます。
  ハクビシンは特に果実が好きな動物です。柿やビワ、ブドウ、銀杏などは特に好まれますので、これらの木が敷地内や近隣にあるお宅は要注意です。またアライグマは特に手先が器用ですから、農業被害も深刻です。スイカやトウモロコシ畑などは「明日収穫しようかなと思っていたら、その晩に食べられた」という話も聞きますので、食べ頃まで分かるのかもしれませんね。

駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-554-237 年中無休・24時間受付中!

メールでのご相談・お問い合わせはこちら